知るコト知るコト
知るコト 2016.05.02

太っていても、痩せていてもみんなOK『美しさは人と比較するものではないことに気づくコト』

美しさは人と比較するものではない。
みんなそれぞれの基準があり、目標にしたい人物像も違うはず。
でも、周りからの言葉や情報に、自分が一体どうしたいのかわからなくなることありませんか?
ダイエットを例にして、自分を認めてあげることが大切ということを、改めて気づいてくれたら嬉しいです。

ダイエットの先にある未来はどんなことを想像しますか?

あなたにとってダイエットって何ですか?ダイエットのゴールって何ですか?
ダイエットの先にある未来はどんなことを想像しますか?

ダイエットは、食べ過ぎや、運動不足で肥満になり、健康を害してしまった人が、健康を取り戻すための、治療行為だったようですが、いつの間にか、美容目的で使われるようになりました。

健康的で程よい体型の方でも、モデルさんや女優さん並みのスタイルを追求するようになり、ファッション感覚でダイエットをされている方もいらっしゃると思います。

私もかつては、Mサイズの体型でした。
思春期の頃、何気ない同級生の一言で、まだ体ができてない状態のまま無理なダイエットをしました。MサイズからSサイズになる為に。
それが、私の長いダイエット人生の始まりでした。

体がまだちゃんとできてない時期に無理なダイエットをしたせいで、生理は未だに不順です。リバウンドを何度も繰り返していくうちに、MサイズがⅬサイズになり、LLサイズになり、ピーク時には3Lサイズまで太りました。

よく人から「富田さんは、痩せたら綺麗になるよね~。」「痩せてたら良かったのに。」「痩せてたらイイ感じだよね。」「なんで痩せないの?」と言われました。いや、今でも言われる時がたまにあります。
そう言われていく中で私は、「痩せたらみんなが認めてくれる=太っている私は駄目なのだ=私は何の魅力もなく、駄目な人間なのだ。」と体型だけでなく、自分のすべてを全否定するようになりました。

それはとても辛く、しんどいことでした。常に満たされません。何をしても自信が持てませんでした。
7a803bd121716e7ab145c4fc57630aa4_m

心と体のバランスが良く健康であることが『美しさ』

そんな中、心理学や中医学を勉強していくに従い、そもそもの美しさの基準って何なのか、他人と比較して、人の善し悪しを決めることに意味があるのか、他人の判断基準はそんなに重要なことなのかを考えるようになりました。

心理学にTAという理論があります。
そのTA理論の哲学に「人は誰でもOKである。」という考えがあります。
そう、人は誰でもOKなのです。太っている私も、スリムな私も、OKなのです。

美しさは人と比較するものではない。
自分の判断基準も他人の判断基準も間違ってはいない。
基準を決めるのは自分。
他人の判断基準を受け入れる、入れないを決めるのも自分。

そう考えると、他人から何を言われても、この人の判断基準は外見なのね~と受け入れることができます。決して自分がダメな人という訳ではないと思えます。

そして、中医学を知れば知るほど、心と体のバランスが良く、健康であることが、美しさではないかと考えるようになりました。
そうすると、ダイエットって、本来の目的である、健康を取り戻すためのものと考えることが、自然なのだと思います。

心も体もダイエットにより、健康でバランスの取れた状態を保ってあげられれば、その人のベストな体型になるのではと考えました。

MサイズをSサイズにするダイエットを否定はしません。
それを求めている方、目指している方はそうすればいいと思います。

しかしながら、私が提唱したいダイエットは、モデルさんや女優さん並みのスタイルになるダイエットではなくて、本来あるべき姿に戻すことを目的としたダイエットを提唱していきたいと考えております。

b4d075ed7d0ccae7b4d4dc85724488d0_m

まずは、自然でそのままの自分を受け入れてあげることから始めてみてはいかがでしょうか。

美しさは、人と比較するものではないから。

記事提供

ダイエットの総合情報口コミ・ランキングサイトBe Diet (ビー・ダイエット)
体験者の本音の口コミがたくさん!最も評価の高いダイエット製品をチェック!
bediet

ライタープロフィール

漢方茶マイスター・メンタルケア心理専門士  富田 あすか
aska1
大手コンタクトレンズ量販店で14年勤務。店長を務めている中で、会社の枠に収まることに窮屈さを感じ、起業を考えるようになる。量販店時代お客様が通り過ぎていくだけの中、じっくりとお客様と向き合う仕事がしたい、自分にしかできないことがしたいという思いが深まり、心理学と中医学を学ぶ。勉強していく中で、心と体の深いつながりを実感し、体を触らないエステ「インナーエステ」を立ち上げる。
現在、心と体内のバランスを調整する日本で唯一のインナーエステの専門家として活躍中。
HP( http://ask-satatera.jimdo.com/ )

 

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

2020.09.15

きのこをたっぷり使って満足度アップ!市販のソースで時短メニュー『きのこのペンネ』

2020.09.14

万能!具沢山の作り置き調味料『旨だれ』

2020.09.14

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2020.09.13

【食育のコト】新米を楽しもう!

編集部おすすめ記事

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

2020.09.08

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』