得するコト得するコト
まめ知識 2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物

りんごやバナナ、じゃがいもなど、切ったまま置いておくと色が変わってしまう食べ物があります。
なぜ、色が変わってしまうかご存知ですか?

色が変わってしまう『褐変』には「酵素」が関わっています。

身の回りで起こる小さな化学反応

『褐変』は「酵素」による化学反応です。
「酵素」と聞くと、難しいイメージですよね。でも、決して難しくはありません。
身のまわりで、たまたま化学反応がたくさん起こっているだけなのです。

「酵素」の働きによって褐変が起こる

りんごやバナナ、じゃがいもの色素に「酵素」が反応して、色を変色させてしまうのです。
ただ、この「酵素」には弱点がいくつかあります。

食べ物を変色させてしまわないために

・食塩水または酢水につける→酵素の活性化を抑制する
・加熱→酵素の活性を失活させる
・脱酸素剤などで酸素を除く→酸化反応の停止
脱酸素剤とは、おせんべいや海苔の袋の中に入っている乾燥剤のこと。

普段何気なくりんごの皮をむいた後に食塩水につけているかもしれませんが、こういう仕組みがあったんですね。

 

「酵素」が影響しない『褐変』

りんごやバナナ、じゃがいものように「酵素」の働きによって『褐変』が生じることがありますが、「酵素」が関わらなくても『褐変』は起こります。

例えば、醤油。これも『褐変』により茶色くなっています。
普段みなさんが目にする醤油は、麹→もろみ→生揚→醤油という段階を経て完成します。
主原料である大豆と小麦から、たんぱく質が分解されてできるペプチドやアミノ酸とぶどう糖などの糖分が、もろみ中に溶出してきます。
そのとき、「アミノカルボニル反応」という反応が起こり、その反応によって生産される「メラノイジン」という褐色物質。これが醤油の色を作り出しています。
さらにこの反応のスゴイところは「色」だけでなく、焼いたときに漂う香ばしい「香り」も同時に作り出します。

加熱して茶色くなる=アミノカルボニル反応ではありません。

【アミノカルボニル反応】
アミノ酸(無色)+糖(無色)→加熱→メラノイジン(褐色)+風味成分

難しい言葉がたくさん出てきてわかりにくかったかもしれませんが、身近でよく使う調味料も化学反応によって作られ、その風味を楽しんでいると思うと化学が少し身近に感じませんか?

 

文/影山奈々恵

プロフィール

nana

食未来リンク 副代表
影山奈々恵

管理栄養士×フォトグラファーとして幅広く活動。
保育園で活きた食育や給食・おやつを通して「なんでも食べる子ども」を育んでいるだけでなく、生産者と消費者の架け橋となる食未来リンクの副代表を務め、様々な食に関わることや音楽家による演奏会にて、「ありのまま」や「日常」の大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ
食未来リンクFacebookページ

コメント

  1. 0602 より:

    なるほど。
    よくわかりました!

コメント欄


人気の記事

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

2021.02.16

チーズの美味しさを存分に味わおう!日持ちする材料だけで作る『パルミジャーノスパゲッティ』

2021.02.14

メイン食材は2つ『味噌だれゆで鶏』と『鶏だしスープ』

編集部おすすめ記事

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

2021.02.19

【七十二侯のコト】第四侯「土脉潤起」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』