知るコト知るコト
得するコト 2016.01.27

時間とともに移り変わる大根の栄養、おいしく頂く秘訣とは

丸々1本の大根の次に見かけないのが葉がわさわさ付いている大根。
葉は食べられないわけではありません。葉にも栄養がぎっしりつまっています。
大根の特性を活かして上手にいただきましょう。

根も葉も全部食べられるのが大根

葉は緑黄色野菜、根は淡色野菜というWパワーを持ちます。
一般に大根は白の根の部分の利用が多いですが、実は栄養価は緑の葉の方が高く、抗酸化力の高いベータカロテン、ビタミンCも豊富です。
葉の部分は刻んで味噌汁に入れても良し、漬物にしても良し、油いためにしても良し。
活用方法はいろいろあります。

大根に含まれる成分の鍵は【時間】と【熱】

根にはでんぷんの消化を助ける酵素、アミラーゼが含まれます。また、ビタミンCが比較的豊富です。

酵素は生で食べることにより活かされるので、大根おろしのような食べ方が効果的。
ただし、おろしてから2時間後にはビタミンCが半減すると言われています。そのため、大根をおろすのは食べる直前にしましょう。

また、ビタミンCは熱には強いので、過熱して調理すればビタミンCより重要な酵素は失われるけど、ビタミンCは残ります。ただし水溶性ビタミンなので煮汁に移動してしまいます。なので汁も一緒にいただける料理が良いですね。

辛いのは苦手。辛くない大根おろしが食べたい!

①大根の上部、葉に近い部分を使う

根の葉に近い部分よりも、先端の方が辛いと言われています。
これは、「イソチオシアネート」と呼ばれる辛味成分によるものです。ただ、この成分、辛いだけではなく発がん物質の活性化を抑制する働きがあるため、身体にとっていい成分なのです。

②丸く、優しくおろす

大根おろしの辛さはおろし方によっても違ってきます。
力強く直線的におろすことによって辛さが増します。
辛いのが苦手な場合は、丸く円をかくように優しくおろしましょう。

辛味はおろして攪拌されることで生まれる化学反応によるもの。これはわさびも同じです。
ビタミンC同様、放置すると揮発して辛味は減少していきます。

普通の煮物だけでなく、多様な料理に使いたい大根

天日干しにして切干大根、おろして鍋に入れてみぞれ鍋。
乱切りした大根にハチミツかけてを2~3時間ほど置いて大根のはちみつ漬け。
この大根のはちみつ漬けは江戸時代から風邪やのどの痛みに風邪薬の代用品として利用されてきました。
そのまま飲むのもいいけれど、寒くて風邪を引きやすいこの時期にはお湯で少し薄めたり、少し生姜を入れると身体もあったまっていいですよ。

だたし、日持ちはしないので、出来上がったら冷蔵庫で保存して2~3日の内に食べきるようにしましょう。

文/影山奈々恵

プロフィール

nana

食未来リンク 副代表
影山奈々恵

管理栄養士×フォトグラファーとして幅広く活動。
保育園で活きた食育や給食・おやつを通して「なんでも食べる子ども」を育んでいるだけでなく、生産者と消費者の架け橋となる食未来リンクの副代表を務め、様々な食に関わることや音楽家による演奏会にて、「ありのまま」や「日常」の大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ
https://www.facebook.com/nanae.kageyama.9
食未来リンクFacebookページ
https://www.facebook.com/syokumirailink/

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

2021.09.05

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2021.09.05

作り置き常備菜シリーズ『豚小間照りバーグ』とアレンジレシピ

2021.09.01

お弁当におすすめ!なすとごぼうを使った『作り置きの常備菜』

2021.08.31

身近な野菜で旅気分♪『ザジキ』

2021.08.30

おうちで南国気分♪『パイナップルサンデー』

編集部おすすめ記事

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

2021.09.14

「かぼちゃ」を丸ごと1個買ってみよう!硬いかぼちゃを切りやすくする方法

2021.09.14

自宅で作れる異国の味『いんげんのスパイスココナッツ煮』

2021.09.13

秋の味覚。シンプル『栗ごはん』

2021.09.11

ご飯がススム。『ほくほくかぼちゃとちりめんじゃこの塩麴煮』

2021.09.10

発酵食品で免疫力UP!第10弾『鰹のエスニック風サラダ』

2021.09.05

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介